loading...
第3回 次の時代は『人生の軸』が必要になる3つの理由

自分の人生は自分で決める!!不確実性が高い時代に生き抜くためのキャリアオーナーシップ

岡村 優介 岡村 優介

こんにちは!
アイデンティティベース代表の岡村です!

3回に分けて、
今後の時代の流れと『人生の軸』を持つ重要性を伝えてきました。


今回は第三回目、
これからの不確実性の高い時代に、自分軸を持ち、人生の主人公として、輝くために必要な「キャリア展望」と「自己学習」の大切さを書かせていただきました。

ご自身に問いかけながら読み進めていただければ嬉しいです。

 

これは、何の数字でしょうか?

これまでも、クイズを出してきましたが、今回は最後の問題です!

下の画像の数字について考えてみてください!

 

こちらは、難問です!!!

誰もお答えできないかもしれません…

 

こちらの答えは!!

 

キャリアオーナーシップを
形成している人の割合!

キャリアオーナーシップを形成している人は、8.7%しかいないんです。

いきなり言われても「?」ですよね…

 

  • キャリアオーナーシップとは何か?
  • これからの時代に、なぜそれが必要なのか?

を客観的データを使って解説していけたらと思います。

 

キャリアオーナーシップとは

 

キャリアオーナーシップを解説すると、下記図のようになります。

 

 

キャリアオーナーシップとは、

「キャリア展望」を持ち、
「自己学習」すること

つまり、

自分のキャリアを
自分の意思で決定し
その努力をしていること

定義しています

 

キャリア展望とは

今後の自分のキャリアの見通しがたっていること

自分のキャリアについて、

  • 何をしたいのか?
  • どうなりたいのか?
  • どうあるべきなのか?

を真剣に考え、必要な教養や技能、コネクションなどが何かを認識している人ととらえています。

 

自己学習とは

自分の意志で、仕事に関わる知識・技術向上のための取り組みをしていること

「あなたはこの一年間に、このような取り組みをしましたか?」

(例:本を読む、詳しい人の話を聞く、自分で勉強する、講義を受講する etc.)

 

この設問に、「YES」と回答した人は「自己学習」を行った人です。

 

 

91.3%の人が自分の人生に受け身

全国就業実態パネル調査のデータにあてはめると、

キャリアオーナーシップを持っている人は8.7%しかいません。

 

つまりはほとんどの人が、自分のキャリアオーナーシップを持っておらず、企業がキャリアのレールを引いてくれる、成長させてくれるなど、

91.3%の人が「受け身な状態」でキャリアを進めている

という結果になりました。

 

前回でもお話した不確実性が高い「人生100年時代」に適応することが非常に難しいと言わざるをえません。

 

 

会社に依存していると、、

  • 「この会社で頑張っていけば大丈夫」
  • 「この会社で働いていけば、昇給・昇進がある」
  • 「この会社で評価されるためには、キャリアアップするためには・・・」

 

上記のように、

現状の多くの人が「社内でどう生きるか?」を意識していて、

自分の会社はこの先も大丈夫だと盲信している人が多くいます。

 

会社に対しての、愛着や、帰属意識が高いことは、素晴らしいことです。

 

しかし、「信じること」「依存すること」は大きく違っています。

 

 

もし、信じていた会社の業績が悪化し、リストラを決行したら、あなたはどうしますか?

何度もお伝えしておりますが、これからは、不確実性の高い時代になってきます。

 

ぜひ、この機会にキャリアオーナーシップについて考えていただき、

自らが人生の主人公として、これからの不確実性が高い時代に柔軟に対応し、自分軸を生きる

そんな人生にしていただきたいと切に願います。

 

 

 

ポイント

少しでもキャリアオーナーシップについて考えていただくために質問を3つ用意しました。

  • 失敗は存在せず、どんな仕事でも挑戦できるとしたら一番やりたい仕事は何?
  • どんなことでも学べるとしたら、今一番学びたいことは何?
  • 仕事をしている時に、一番ワクワクするのは、どんな時?

 

まとめ

 

3回に分けて、

「今後の時代の流れと『人生の軸』を持つ重要性」についてをお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?現状を知り、自らの手で、変化を起こしてほしいと思います。

 

これからの時代は、

自ら「考えること」「決断すること」「行動すること」がとても重要になってきます。

 

皆様が、

「自分軸を持ち、人生の主人公として輝く」

ことを願っています!

 

誰もがジブンジクを持ち、人生の主人公として輝きますように!

 

 

こんな記事もみられています

“ジブンジク”を手に入れ、自己決定できるジブンへ!